Jonny and Julia’s Home

大瀬 №461~2  その① 海編

また飽きもせず2週連続で大瀬崎へ。
c0034029_10292787.jpg










富士山がかなり綺麗に見えました。
お天気に感謝!








今日のダイビングテーマはもちろん<新規のウミウシと交流を深めよう!!!>
だって、ウミウシに会いたくてしょうがないんですもの!!
さっそく、ウミウシ図鑑を使ってみたいんですもの!!

平凡なウミウシじゃなくて、
「あたくしJUと申します。はじめまして。失礼ですが、あなたのお名前を頂戴してよろしいでしょうか?」
と伺えるような子を探しに行く!!!

どんどんそんなウミウシに出会って、スレートの裏に色や形を記録して、
あかさかさんの図鑑でさっそく調べるぞ!


人間やる気になれば変わるものです。


「はまゆう」からエントリーして、ジャングルジムへ直行。
すぐに、米粒サイズの怪しいウミウシを発見。
c0034029_1030332.jpg




 米粒サイズですよ!!!!!!!!!!!!!!


JUの心のカメラも素晴らしい技術をもっているんだが、
今回はJOさんのオリンパスに記録をお願いする。

さっそく、家で「黄色」と「橙色」をチェックして検索。

「ミツイラメリウミウシ」 ヒットしました!!! お見事っす!

出てくるじゃないのーーーーーーーーーーーーーー。 \(◎o◎)/!

あたいはこれを待っていたんですよ!!!
やはり、1度お会いした方の名前はログブックに必ず記録。

忘れたら忘れたでいいんです。
JUの記憶力の蓄積なんて笊ですくっている様なものですから。

でも何度かお会いすれば記憶は残るはず。
それも誰かに紹介されたのではなく、自発的にお会いしたこの子は記憶の片隅に残りやすい。

「ミツイラさん」 ですね。  

         光浦(お笑い芸人)+イラ(ベラの可愛くねぇ奴)と覚えときましょう。

かなり強引な覚え方ですが。

以前、あたいはこんな爆弾発言をしました。撤回します。

「ウミウシは大きければ大きいほど偉くて価値がある。
米粒サイズのウミウシに反応するダイバーにはなりたくないわ。」


あたくしが間違っておりました。

小さいものは小さいもので可愛いですし、発見する確率が低いので見つけたときの嬉しさったらたまりません。

発言訂正します。

そして今まで心の狭い自分だったことを深く反省。
生意気な鼻垂れダイバーでした。
ウミウシファンの方、沈めてやってください。



【他に印象的だったお魚ちゃんたち】

アヤメケボリガイ!!(たぶん)

JOさん曰く。
「魚いないから、ウミウシでも撮ってやるか。と思いながら渋々撮ってやった!」
c0034029_1031899.jpg

もしもーーーーーーーーーーーーし。

これウミウシじゃないっす。(まぁ似たようなものですが・・・・)

ほれ、あたいの好きなタカラガイの仲間でしょう?

正直、JOさんにレアなものを見つけられ今回負けました・・・
やられたって感じ。海藻の下にじっと隠れてました。
c0034029_10313950.jpg












他には・・・
*ヤガラが逆さまに刺さっている?!
*ハコフグちびちゃん
*サキフエ 1週間前とぴったり同じ場所にいました。
*元気のないヒラメのチビちゃん
*クロヘリアメフラシたくさんいたるところにいた。

つづく
[PR]
by jujonoriko | 2006-03-19 16:13 | 伊豆半島