Jonny and Julia’s Home

<   2005年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

西川名 NOP №361~362

透明度は10mぐらいかな。水温は21度。今回はあたいもウエットにしちゃいました。
陸上が暑いからまあ快適なんですが、やはり30分過ぎると、「ドライにすれば良かった」と後悔し始める。。。。

今日の流れの強さは、「流れに逆らって泳げるけど。。でも疲れるから鎖に捕まって楽チンして進もう。」ぐらいの強さでした。

まぁ流れのない西川名なんて、なんか物足らない気がするから、このくらいでいいのかな。
しかし、西川名へ何度通ってもエントリーの緊張感は消えないんだなぁ・・。

で、
今日のガイドは、あたいの冗談にいつも付き合ってくれるの唯一の人なのだ!!!
貴重なガイドである。だから非常に可愛い。ノリが良いからとってもお気に入り!
なかなか出会えないよ。あたいの相手をちゃんとしてくれる人はなかなかいない。(^^)


【印象的だった魚】
ガイドの目の前を、ヒゲダイが二匹通り過ぎる。そーっと優しく触ったら、気持ち良いのか?くるりと方向転換して戻ってきて、
ちょこんと岩の棚で、のんびりしていたのが印象的でした。
ここのヒゲダイとっても可愛いのだ!
餌付けしてるわけじゃないのに、西川名のガイドには懐いてるんだよ。
あたいもいつかはあの柔らかい?!ヒゲをナデナデしてみたい。うひひひ

JOさんがあたいに何かをもってくる。近づくと巨大イザリ?!に見えて、大興奮・・。
しかし、良く見たら単なるアメフラスィでした。
まぁ、初めて西川名でお会いしたアメフラスィも貴重だ。
アメフラスィを優しく抱えて、皆がV字谷でヒゲダイとモロコ(クエ)と戯れている間に全員を追い越して、先頭のガイドに追いつき渡す。
ガイドがこのアメフラスィでバレーボールしようとするところが、また笑える。
長い距離流れに逆らって運んだ甲斐がありました。。。ヽ(^o^)丿


【JOさんの爆弾発言】

あたいがクエの子供を発見したら、JOさん、「これはクエじゃない!」と言い張る。

JO 「どこがクエなのか言ってみろ!」
JU 「模様。」
JO 「あれは、アカハタだ!」
JU 「アカハタ と クエの模様は全然違うでしょう?どう見てもあれはクエ。」
JO 「あのね・・柄で区別するんじゃなくてね、小さいのは全部アカハタ。大きいのはクエ。格が違うの!」
JU 「・・・・・・・・・ (・_・)?」


        話にならのだ・・。ったくよぉ。

        JOさんにはお魚図鑑は不要。


↓モロコ様(クエ)の御懐妊。御曹司はいつお生まれになるのかな (・_・)
c0034029_21194652.jpg


↓ヒゲダイの兄弟
c0034029_22432567.jpg

 
↓クチグロ(イシダイの老成魚)
c0034029_21205255.jpg


↓メバルはいつものんびり
c0034029_21212995.jpg


↓どっちが水面だ?
c0034029_2122695.jpg


[PR]
by jujonoriko | 2005-06-26 21:02 | 房総半島 | Comments(12)

カラス

あたいが運転中の出来事である。
道路の真ん中にカラスが何かを咥えて立っていた。
私の車が近づくと、咥えていたものをポテッと落とし、ゆっくりと飛び立った。
カラスは道路の横のポールに止まり、こちらを眺めている。

一体なんだ?これは?
ヘンテコな実にみえた。大きさはSサイズの卵ぐらい。
色は黒と茶色と緑がまざったような変な色。まずそう。

テレビで見たことがあるんだけど、カラスは賢いから木の実をわざと信号の手前に落とし、
車にひかれて割れた実を食べる。

ひょっとしてこれって、そお??????

あたいは意地悪だから、そのヘンテコな実を避けて通った。へへへ
世の中そう簡単にはいかないのさ。
カラスを横目に、ふふふふーん。と通り過ぎた。

この報告を母親にした。

JU 「ねぇねぇ カラスが咥えたのは一体何の実なんだと思う???」

母 「それはねぇ・・・カメじゃない? カメ・カメ・亀よ!あんたねぇ。秋でもないのに、実なんかあるわけないでしょう????カメよ。きっと。」

ふむ・・・確かに、子ガメに見えてきた・・・。
あの形にあの色・・・。

年々あたいの母親って「すげぇ」「絶対、敵わない!」って思うこと増えてきた。
また1つ尊敬のまなざしで見てしまった・・ (;O;)
[PR]
by jujonoriko | 2005-06-24 22:58 | Juliaの日記 | Comments(0)

2005.06.16~19  ソウル&板門店

【板門店】
c0034029_21125917.jpg

韓国と北朝鮮は1953年の停戦協定で38度線で南北に分断され今は休戦中である。
もともとこの線を決めたのは1945年のヤルタ会談・・・勝手に占領した二つの国。片一方は分裂して力なくなったけど、もう一方は今でも同じことやってる国。いい加減に止めたらいいのにね・・・・・
その休戦ライン南北2km範囲は武装してはいけないことになっている。
この真ん中に両国が話し合いをする会議場があるのだ!ここの場所を「板門店」と言う。







c0034029_21135157.jpg
(注意:今はここで会議はしてません)

ガイドはバスの中から緊張を与えるようなことを言い始める。
ここへ行くにはパスポートが必須だし、「ジーパン・サンダル・肌がむき出しになっているのはダメ」とか服装の規制まである。
酒なんてもってのほか、昼食中に飲んだ人がいてツアーは中止になったこともあるそうだ。

またまたここで緊迫感・・・。

軍隊の1人がパスポートの確認をする為に、バスの中に入ってきた・・
本物の背丈半分ぐらいのマシン銃を背中に背負っている。。。。
日本のおまわりさんが腰につけているようなショボイのじゃないよ!!!

c0034029_21152957.jpg
c0034029_2116827.jpg

バスはまっすぐ進めないように、障害物が置いてある。道路の両脇にはぐるぐる巻いた有刺鉄線がある・・・・。有刺鉄線の向こうは北のイムジン川。

何個か小さなトンネル(歩道橋)もくぐるのだが、そのトンネルの中には爆弾がしかけてある。
北が攻めてきた時、スイッチ1つで爆発する仕組みになっているのだ!!!
聞いたとたんまた不安になってきた・・・
ちゃんと爆弾の定期点検してんのかな?あたいたちのバスが通過した時に、
「原因不明の爆破!」なんて勘弁してくれ・・・南無阿弥陀仏・・と本気で考えましたよ!

またしばらくバスで進んで、JSA入り口で2度目パスポートチェック。
今度は全員一旦降ろされる。
もう熱くて熱くて上着脱ぎたいんだけど、Tシャツ禁止だから辛い・・・(T_T)


トイレ・タバコ休憩を兼ねて、途中でツアーのバスから国連のバスに乗り換える。
運転手はもちろん軍人。
休憩中に勝手に草むらの中に入らないようにとガイドが厳重注意の呼びかけ。
なんと「地雷畑」だそうだ・・・ (>_<)

国連のバスに乗り換え、キャンプの建物の前で降ろされ建物の中に入りブリーフィング。

「gestと書かれた緑のバッチを胸の上の目立つ所につけてください。ちゃんと付けないと、北が双眼鏡やカメラで監視しているので、撃たれるかもしれません。」とか、
「指で北を指すと喧嘩売ってるように見えるので、絶対にしないでください。」だの注意事項が多い。

ダイバーの皆には馴染みがあるかもしれないが、同意書も書かされるのである。
<ここでのアクシデントの責任は一切問わない>というようなあの内容である。

ガイドが、「皆さん、死んでも構いませんの紙にサインしてください。」などと言うんですよ。\(◎o◎)/!

この場所だと冗談が冗談に聞こえないんですけど・・・。

バスでまた移動して、「自由の家監視台」へ。
この台に昇って、360度ぐるりとすると北の板門格・会議場・監視台・国旗まではっきり見える。


c0034029_21165696.jpg


うっかり指ささないようにドラエモンのようなグーの手にして、大人しくしていたが、風でバッチがひっくり代えると、「ぎゃ!撃たないでくれ~」とグーの手で必死にバッチの向きを直した・・・。(>_<)
←北の宣伝村の様子。この塔は世界一高い国旗掲揚塔だって\(◎o◎)/!





c0034029_21174292.jpg

このあといよいよ会議場へ移動!!!
ヘルメットとサングラスをした軍人が入り口の両側の建物で、北に向かってテコンドのポーズで仁王立ち。
身体を半分だけ出していつでも身を隠せるようにしている。

映画では北も南も両方この場所に軍人がいたが、今は観光する時間をお互い申請して、申請したほうの軍人しか立たないそうだ。
(数年前は違ったらしい・・・・)


c0034029_21441423.jpg


会議場の中では、1人は38度線のどまんなか。もう1人は北へのドアの前。
写真をとってはいけない場所はたくさんあるのに、この建物内は自由に撮影ok・・・
でも軍人に話しかけたり、前を横切ったりするのは禁止。
あまりに軍人が凛々しくかっこよく見えたので、ガイドに、
「やっぱり顔の良い人選んでるんでしょうか?」と確認したが
「違いますよ!2~3時間で交代ですからね。」とのあっさりした返事。





c0034029_21284197.jpg


軍人とJSAの映画の俳優とだぶって、かなり妄想はいってるJUであった・・・(>_<)
あたくしチェ・ジウと軍人(イ・ビョンホン??)とテコンドのポーズを真似て、写真撮影!!! ドキドキ。
38度線でドキドキ。別の意味でドキドキ。 ハート♪




c0034029_21183334.jpg
実際の「帰らざる橋」は、映画の橋よりも草ボウボウでした・・。
そういえば38度線のとこも、雑草が生えていました・・
この非武装地帯の草取りってどうすんだろか?  (・_・)? 
やはり届けを出して、警備しながらやるのだろうか? 気になる。とても気になる。

ところでこの非武装地帯には農村があり、あたいにとっては見慣れた景色で落ち着く。
休戦依頼50年人の往来がないために、野生動物がたくさんいるのだ。
見慣れない珍しい鳥がうじゃうじゃいて、あまりにすごくてバスの中は歓声あがってました。



そうそう、あたいが驚いたことの1つで、実は韓国人には3つの義務があります。

①納税  ②兵役  ③教育 

しかし、この非武装地帯に住んでいる人々は①と②が免除されているのだ!!!!
景色だけみたらあたいの住んでいる場所にすごく似ているのに、何かあったときもっとも危険な場所になるのだなと実感する説明でした。。。

板門店では軍人がサングラスをかけていんだけど、その理由は何だと思いますか?
あたいは、当然<日除け>のためかと思っていたら、本当の理由は「どこを見ているのかわからないようにするため」とガイドは話していました。

    ネテイルノガ バレナイヨウニ シテイルノカナ?ッテ チョット オモッタ!?


なんだか、日本でのほほほーーんと過ごして生きている私には、
背筋がぞぞぞぞぞとする思いを何度かした驚きと緊張の1日でしたよ。
良い勉強と経験になりました。
[PR]
by jujonoriko | 2005-06-22 22:00 | 韓国 | Comments(6)

あたいって・・・何者?

今朝、都営バスに乗った。バスの中は2~3人立つくらいの混雑である。
30代ぐらいのスーツを着た普通のサラリーマン風の男性がなんと私に席を譲ったのだ!!!!!

           はぁ \(◎o◎)/!????? 

一旦はお断りをしたけど、2回勧められたので断るのは気がひけたので席に座った。

一体なんでだろう・・・ (・_・)?

バスの中で必死になって考えた・・・
だが、思いついた理由はこんなもんだ。
 
   ①妊婦に見えた
   ②疲れている顔に見えた
   ③荷物が重たそうに見えた
   ④婆に見えた


席を譲ってもらうのはとってもありがたいけど、複雑な心境だ。。。。。


あたいがあまりに美しくて、その男性は親切にしたくなったに違いない。間違いない。
そうゆうことにしよう。。。。(^^)/
[PR]
by jujonoriko | 2005-06-22 19:57 | Juliaの日記 | Comments(4)

明日からまたまた アンニョハセヨ~♪

ε=ε=┏(#`ロ´)┛   キムチ三昧だよん♪ ウホウホ


「JSA」でお馴染みの板門店へ行ってきます!!!

あたいは実はこのJSAに出ているソン・ガンホが大好きである。
冬ソナブームにのって四天王韓国俳優が好きなにわか韓国通なんかと一緒にしないで欲しい。

JSAのDVDを買ったのもプロマイド3枚付だから喜んで楽しみにしてたのに、全部、イ・ビョンホンである・・・。がっくり・・・トホホ。(T_T)
ソンガンホの魅力に日本の女性は気づいていないのだ・・・っったく!


そりゃあたいだって、チャン・ドンゴン ウオン・ビン スキャンダルのヨン様 イ・ビョンホン みんな素敵だと思いますよ。
韓国男性のあの礼儀正しさ、誠実さ、女性への接し方は、是非日本の殿方も見習う点が多々あると思います。

なんと運が良いことに?我家の体脂肪&体重計は電池が切れている・・・ふふふ
たらふく食えるぜ!!!  やっっほーぃ

                              じゃ 少しの間ブログはお休みです。
[PR]
by jujonoriko | 2005-06-15 22:31 | Juliaの日記 | Comments(0)

秘境のリゾート地

c0034029_12364686.jpg

目の前にはライスフィールドが広がり、この緑の中に白鷺の姿もちらほら。
癒しの空間である。

c0034029_12382279.jpg
庭にはお花や緑がたくさん。
わさわさしている。手入れたいへんだろうに。
一番ゴージャスだったやつを写真に撮ったんだけど、写真だとイマイチだな。

c0034029_12401343.jpg
蔵。
ここでドブロクを作っているのだ!
なんか日光江戸村みたい。(笑)

c0034029_1243474.jpg
スズメのお家かと思いきや、お天道様を奉るんだそうだ。
奉っている形跡がないから、そのうちスズメのお家になるに違いない。間違いない。

c0034029_12444514.jpg
飼われている猫 名前は「たまこ」と言う。
お客さんが大好き。すぐにスリスリ足元に寄ってくる。
入り口で出迎えてくれるここのマスコットである。

c0034029_13383649.jpg
タマコに話しかけるJOさん。。






これはどこかって?
ふふふふふ
簡単には教えられないなー。
[PR]
by jujonoriko | 2005-06-11 12:40 | Juliaの日記 | Comments(6)

英語でしゃべらナイト!

ビデオに撮ってもどんどん溜まるので、あまり撮りたくない。
見たい番組は極力その場で見るように心がけている。

しかし、あたいは月曜日の23:15~NHKの「英語でしゃべらナイト!」


この番組だけは必ず見ている。こよなく愛している。当然ビデオに撮っている。
始って以来、欠かさずずーっと見ているのだ!

パックンはかっこいいし、賢いし、松本アナウンサーは、世代が同じってのもあり親近感が湧く。
釈由美子は、ヘタクソな英語を恥かきながらやっている姿は痛々しい。まるで自分を見ているようだ。

あたいがこの番組で好きなのは、ゲストのコーナーである。
必ずゲストが1人出るのだが、みんな努力して、英語を取得しているのである。
時には嫌いだったり、良い印象のない芸能人や有名人が出ても、この番組にでるととたんに好きになってしまうのだ。
みんな最後に一言なんか教訓みたいなことを言うんだけど、これも結構、グッとくる言葉。

最近のNHKの教育番組、あなどれないよ!
あたい、かなり元気もらってるもん。
[PR]
by jujonoriko | 2005-06-07 22:33 | Juliaの日記 | Comments(0)

暖かい蒼い海に潜りたい。。

あたいは自慢じゃないが有給休暇消化率、今の会社に入ってからずーっと1~2位の首位を守っている。
あたいの所属している部が有給消化率が1位を維持できるのももちろん私の実績が多いに反映されているからだ。
人事からは日頃の行動はもちろん、この点は非常に褒められる。

そんな華やかなトップ争いは去年までの話だ。
こんなあたいでも5月からシステムが大きく変更になるために、慌しい生活をしている。
いかん。会社にはめられている。
毎月2日以上は休むこのあたいが、なななななんと!4月から今日までたったの1日しか休んでいない。(それも韓国)
GWなんて3日も出社してしまった!
働きすぎだ!ったく!と爆発したいが、グループの中では私が一番働いてないのでそんなことは絶対言えない。。。。

でも休日出勤の代休は、基本的に1ヶ月以内(せめて頑張って延ばしても2ヶ月以内)で使用しなければならない。
あたいのBackupをしてくれる人が2人いるのだが、じゃ仮にAさんとBさんとしよう。
Aさんは代休が8日もある。
あたいは3日だから、使う気になればなんとかなりそうだが、8日だよ。

長期旅行でも行けばあっという間に使えるが、逆にあたいもBackupしなきゃいけないので、そんなの勘弁していただきたいので、でも悟られないように、相手を思いりやりながら謙虚に控えめに提案してみた。


JU 「6月・7月の火曜日と木曜日を全部休じゃうのどうでしょう?」

Aさん 「勝手に人の休日決めないでくれる?」

JU 「旅行行っても疲れるし、仕事のこと気になるから、身体が休まりませんよ。1日おきに仕事しに来るのは、結構いいかもしれませんよ。週休4日 なんて響きが良いんでしょう!!」

Aさん 「それってさ、自分がいつでも金曜日と月曜日休めるようにって魂胆じゃない?」



             なんで、ばれてしまうんだろうか・・・私の本心が。


また別のBackup してくれるBさんとの会話。

Ju 「新しいシステムになったから、Bさんの為に、新しい「入力マニュアル」作ったからさ!安心してね。」

Bさん 「今、「俺の為」って言ったよね?自分が休めるように「自分の為」に作ったんだろう?」



         ここでもばれた。 気持ち悪いぐらい反応が早かった!



あ~ん
もう久しく暖かい蒼い海の中でトロピカルな魚に囲まれて、おしっこをしてない。
南国へ行っても、いつも寒いんだ。
そりゃあたいは、透明度悪くてok!マクロ大好きですよ。
でもたまには、「熱くて熱くて我慢できないから、早く海にドブンしたい」って環境で潜りたいよぉ。。。


もう!!!! とにかく琉球王国へ行きたいのだ。
ダイビングだけじゃない。三味と島唄聴いて、水族館へ行って、ゴーヤチャンプル食べて泡盛のシークワーサ割飲みたいんだ。。。

これって「沖縄病」っていうらしいよ。   
どうやら沖縄病にかかると、思っていることが顔に出るらしい・・・・・。
[PR]
by jujonoriko | 2005-06-04 11:36 | Juliaの日記 | Comments(8)