「ほっ」と。キャンペーン

Jonny and Julia’s Home

カテゴリ:サイパン( 3 )

サイパン ワンダーシー 175~184

"アカマツカサが逆に泳いでました!!!
どっちが上なのかわからなくなったに違いない!
ここのオーナーの若過さん一生懸命釣りの鉛を拾って集めてました。

なんの為って?

集めて溶かしてウエイトやカンカン棒を作るんだって。
「嘘だ!\(◎o◎)/!」と信じてなかったけど、本当の話だった・・・
ガイドしながら魚探して鉛探すんだからすごいよね。

鉛が一番重要だったりして。

サイパンで私が一番好きなのはラウラウ。
R子さんに70分×2本をリクエスト。
マクロたくさん見せてもらって大満足。
トビエイやカメの子供は人に慣れてないから、人懐っこくて可愛い。
コクテンフグが膨らんだのは初めてみました。

水面にバラクーダ発見!と大騒ぎしたら「ダツ!」とR子さんの声。
R子さんの声って水中でもかなり普通に聞こえる。
タツミヤッコ・踊りハゼ・ナンヨウハギの子供。

ナンヨウハギって水族館の定番だけど、実はなかなか水中でお会いすることはない。
ましてやその子供達なんて、滅多に会えない。
珊瑚の中にたくさん隠れてました。
今日はナンヨウハギの赤ちゃんの観察で最後までここにいてもいいぞ!と思ってたのに、みんなガンガンに進んでいってしまった。あ・・残念。本当に残念。"
[PR]
by jujonoriko | 2003-09-12 16:43 | サイパン | Comments(0)

サイパン パスタイム 130~135

"ここでMさんと出会う。
なんと隣の市に住んでいるのだった。
水泳のイントラなので気合が違う。
海が大好きってのがすごく伝わってくるんだよね~。
グロットって最初の感動がもうないかも。
と思いきや、奥の方にすすめばカメはいるバラクーダはいる。
結構楽しいじゃんよー。"
c0034029_22354116.jpg

[PR]
by jujonoriko | 2003-06-13 15:30 | サイパン | Comments(0)

サイパン MOC 28~33

マダラトビエイ17匹。残念なことに近くまで寄ってくれなかった。
ガイドのフィリピン人ネルちゃんがかっこいい。
スレートに一生懸命に魚の名前を書くのがなんともいえず、いじらしいのだ。
頑張りが伝わる。

「この階段、すべるです。Byネルソン」の注意書きも笑えた。

このとき、Northの飛行機が飛ばず1日延泊。
どうせ延泊ならもっと潜りたかったよ!!!
もう!!!
大手の旅行会社はすぐにバスをチャータしてホテルを確保するのに、小さい旅行会社で予約した私達は自分達で手配しなけばならない。。

ぐすん。(T_T)

同じホテルに泊まったゴルフのオジサン達となぜか仲良くなり、northの悪口で盛り上がってみんなで1つになってしまった。
最後は空港でテーブルと席までとってくれて「こっちこっち。ビール注文しといたよ。」とすぐまた飲み会を始めるいいおじさんたちだ。(^^ゞ
[PR]
by jujonoriko | 2002-02-15 14:43 | サイパン | Comments(0)