Jonny and Julia’s Home

一通の葉書

最初は内容が理解できなかった・・・




悲しいお知らせの葉書でした。


海外のダイビングで知り合った男性ダイバーが亡くなったと実のお兄さんからの葉書でした。
私の一番の憧れの島、ガラパコスにて。


その方とは、私たちがまだ30本ぐらいの時に会ったのですが、遠いところに住んでいたので、それっきり会っていません。

年賀状だけは毎年送ってくれました。
フォトコンテストでは毎年入選していて、去年か一昨年は、最優秀賞か準優勝していました。

去年行ったPNGのロロアタでも、常連のその方がガイドと同じ出身ということで話が出て、世の中狭いねと驚いたのは記憶に新しい。

どこかのリゾートで再会しそうな予感がその時はしたのに・・
葉書を読むと既にその時は、亡くなっていました。


死亡の原因はわかりません。


ただ驚くばかりで、ショックで・・
自分の知り合いダイバーでダイビング中に亡くなるなんて・・・


事故の話を聞いても読んでも他人事のように思っていたが、身近にいると危険と隣り合わせなんだって思い知らされます。


事故に合うのは無理なことするからでしょう?
ブランクダイバーでしょう?
スキル不足でしょう?


そんな理由ばかりとは限らないはずだ・・・
避けられない何かがあったのかもしれない。


最近、自己管理についてもどんどん甘くなっていると思う。
何が危険なのか麻痺しているところがある。

このくらいなら・・って。
もちろん、いつでも冷静でいることは大事だけど、自分のスキル過信しすぎるのも問題だ。
自己責任と言ってしまえばそれまでだけど、危険は身近にあるんだってこと忘れている。




行きたかったガラパコス。

                 少し遠くなりました。



そして、
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by jujonoriko | 2008-01-11 22:32 | Juliaの日記 | Comments(2)
Commented by マユ姉 at 2008-01-12 09:59 x
辛いことでしたね。

ご冥福申し上げます

自己責任での、管理をしっかりしようと思います。
Commented by Julia at 2008-01-12 17:12 x
れすれす

まゆ姉さんへ

近かったらお線香あげに行きたいのだけど・・
あまりに遠くて・・

ガラパコスへ行く日はいつになるかわからないけど、自分の中で今答えを探しています。