Jonny and Julia’s Home

県庁の星 by桂 望実

c0034029_13121044.jpgこの本はてっきり公務員を馬鹿にする本だろうと予測していたのだが、
結構、民間の内勤業務をしているあたいが読んでもグサリです。斬られた。



ここでは「県庁さん」と呼ばれる県職員が民間(スーパー)で研修として1年働くお話。

机上の人はすぐ「数字で」「データで」と言って、現場の意見に耳を傾けない。
なんかあった時のために責任逃れの形式だけの書類作成ばかり。

  イタタタタタタ~イ・・・・  (>_<)


良い言葉もあった。

「馬鹿野郎って思うとき、それは苦境のチャンス」  

なんかポジテブな元気のでる言葉だね。
現実はこんなに本の内容のように簡単にわかりやすくないけど、
なんか明日会社でいいことあるかもって思える1冊でした。^^

簡単に読める笑いありの本です。JU婆&JO爺はお勧めです(^_-)-☆
[PR]
by jujonoriko | 2006-06-08 07:31 | Juliaの日記 | Comments(0)