Jonny and Julia’s Home

新品ドライスーツ!首と手首が自分で交換できます

まだ日本のZEROでは4番目のドライです!



4人の中の2人はパロパロのスタッフです・・
ご興味のある方は パロパロがZEROへ
カタログに載るのは秋からだそうです。



購入のきっかけは・・・



ウイズルを着ても、ゆったりとしたドライスーツが欲しい!!





あと何年ダイビングするかな?って考えると。
ジョニ夫も私もこのまま健康で、収入があるのなら、10年くらいかな・・


そう考えるともう少し機材に投資しても良いかなってことで買うことを決意


シェルドライが欲しくて司朗さんに相談したのだけど。
はごろもの常連さんが着ている輸入シェルは軽いので、そのイメージだったが、それは自分で修理できる人向け!

一般人は、こちらを勧めると紹介されたシェルドライ・・


げっ!



結構重い・・・



司朗さんが、

今のジュリアに、お勧めはこれだな!


と紹介してくれました。


手首と首を自分で交換できるタイプのZEROの3mmで良くない?

ってことで、購入を決意!


では・・
交換方法をご紹介!

超簡単ですわ!!

c0034029_18173943.jpg



c0034029_18184862.jpg

干す時の注意点
内側に手首のシリコン入れること!
ちょっとの傷(小石や貝)で切れるのを防ぐため
(写真がボケボケですみません)

c0034029_1818105.jpg

こちらも同じ


ネックの交換方法

c0034029_1818539.jpg


付属品についてるローラーをぐっと押すようにして、丁寧にはめこむ。
ローラーを回す必要はない

c0034029_18232175.jpg

完成はこんな感じ

c0034029_18231446.jpg

シリコンが薄いのでネックウオーマーがあると良いね

c0034029_18175039.jpg

フードが長い形なのは、その理由です。


では次に手首交換

c0034029_1822549.jpg

こんな感じにはめます

c0034029_1822123.jpg

反対側にくるっとして

c0034029_18221969.jpg

こんな感じにして



c0034029_18222825.jpg

スーツについている〇印

c0034029_18223597.jpg


スーツも手首のプラスチックも楕円形なので合わせる。
印も合わせる。

c0034029_18224513.jpg

かぱっと。
かなり簡単にはまります・・

はまりが悪いなら、「鼻の頭の油でも塗っておけ!」だそうです・・

ナチュラルだ・・・012.gif

c0034029_1823260.jpg

できた!

c0034029_18295651.jpg

外すときは、テコの応用でこれで簡単に外せます。

YOUTUBEで外人がこの説明をしてるようなのですが、外人は力づくで外すそうです・・笑
さすが・・ワイルド・・015.gif


c0034029_18314213.jpg

3本ラインがありどこに合わせても良いのだけど、司朗さんのお勧めは真ん中の線が良いらしい。


[注意点]

シリコンは生地が薄いので・・

①小石や貝などで穴が開きやすい ⇒ 使用しない時の保管は常に内側へ
②首が寒い場合 ⇒ ネックウオーマー使用(100均でOK)
③手首が寒い ⇒ 手首の長いグローブが今は販売されていないが、冬用のグローブ使用
④ダイコンは腕にはめない


以上

おしまい
[PR]
by jujonoriko | 2017-02-21 05:47 | 房総半島 | Comments(0)