Jonny and Julia’s Home

氣志團万博2016行ってきました~

今年で5年目になるこの万博・・




c0034029_219292.jpg



ずっと気になっていました・・・
ジョニ夫が 今年は行ってみないか?って言うので、プログラムを見たらダイバー仲間のせーまー夫婦が喜ぶ内容・・・

メールしてみたらYES!の返事・・

途端にジョニ夫が009.gifオイラは辞めとく・・


あの夫婦・・・





縦に踊るよ間違いなく・・・




疲れるよ・・・

そうだ・・015.gif



おそるべし014.gif



せーまー夫婦は・・・



新宿の帝王



と呼ばれる本人とその妻・・


c0034029_2191046.jpg



もちろんノリノリですが、賢いこの夫婦は事前に、無理のないかなり綿密な計画を立てていいる・・003.gif


c0034029_219176.jpg



そうか
全部を楽しもうなんて欲張りは難しく、それならそれなりの行動をしないといけないのだ。

今回は狙ったバンドにターゲットを絞る!


c0034029_2191057.jpg


普段何もないjこの公園
地元民だから知ってますが・・


氣志團様すげぇ・・・

4万人を完売にしちゃうんですから。。。


全く別のイベント会場になってましたわ・・・

c0034029_2184639.jpg

袖ヶ浦駅からピストンでバスが出ていますが、ジョニ夫が送迎してくれたのですんなりと会場に・・

どうやら見ていたら東京から直通のバスは出ているし、仙台など遠方からも出ている・・・


ひえぇ!!

どんだけすげぇのこのイベント!!!


c0034029_2184613.jpg


受付には「工作員」がいました・・・笑


この工作員の方頑張っていました
特にゴミ部門の方・・・お見事!

ちゃんとゴミの分別(生ごみ汁ものまで)をして、かならずスタッフ女性をそこに常駐させているので、マナーの悪い人はいない!
かなりの頻度で、リヤカーでゴミを運んでいました。

c0034029_219669.jpg

ひゃーーー
氣志團ジュニアがたくさん!!!

c0034029_219289.jpg

木更津サリーなんて・・・

地元民の私の上の世代しか知らないよ・・・と思ったら歌の歌詞であるんですね・・・

氣志團だって本当は、あのリーゼント世代じゃないのに・・・
これやったら目立つ!って始めたんでしょうけど。。。
ほんと、氣志團のロックの心意気は素晴らしい・・・
私は本当に誇りに思う!


c0034029_219188.jpg


フードコートはたくさんあって、地元の「袖ヶ浦大食堂」とそれ以外・・・

ネットで検索してた時は、あれも食べたいこれも食べたいって思ったのだけど・・・


うーん
実際行ってみると・・・


暑くて食欲ダウン


肉ばかりのメニューだし・・・


これなら、うちの実家の




「キューリの串刺し」 400円で売ったら大儲けできそう!!!




ってなくらいジャンクなメニューばかりで飽き飽きでした・・015.gif



c0034029_219062.jpg


移動式ATM!!

これは素晴らしいアイディア!

c0034029_2185870.jpg


食べる場所もありますが、後半は疲れる人もいて席の確保が難しい。

来年はブルーシートとクーラーボックス持参だな。
(ピクニックエリアでしかNG)



帰りは混みそうだから、早めに切り上げるつもりが・・・


やっぱ「湘南乃風」は最後まで見たくて見ました。


GAKUTOと岡崎体育も気になりますが、せーまー夫婦の体力も限界・・013.gif


ほんと
この夫婦面白くて、休憩時間かなりヘロヘロでやばそうなのに、曲が始まるとスイッチ入るんです!


絶対、ご臨終のときには「湘南の風」の曲流してやろうと思う!

生き返るの間違いないな・・・
可愛すぎるぜ・・・



普段なら 送迎に来て待たせると機嫌の悪いジョニ夫もせーまー夫婦がいると、機嫌がいい・・
我が家の「子は鎹(かすがい)」だ!


ジョニ夫が迎えに来たので、3人はとにかくシャワー浴びたくて、家に帰り外食する元気もなく我が家で宴会!


来年は、ジョニ夫も一緒に行こうね~053.gif



まじめな話。

氣志團って、15年前から年齢関係なく俺らの地元で音楽フェスティバルやりたいって声かけてたんだって・・・

もう尊敬ですわ!!!
誰がいるよ!
千葉県民でこんだけ人集めて、毎年完売!させちゃう人いる?

5万人の市に4万人集めちゃうんだよ!


くそまじめな人間より、ヤンキーの方が大人になっても結果出す・・


おしまい
[PR]
by jujonoriko | 2016-09-18 22:09 | Juliaの日記 | Comments(0)