Jonny and Julia’s Home

山陰の旅:乗り鉄ジョニ夫に付き合って、一畑電鉄!

どーしても乗りたいって言うから、ガイドしてもらったお友達は車で追いかけて、私たちは電車に乗りました。






RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語の舞台になった「一畑電鉄」です。

c0034029_12194090.jpg

ジョニ夫は、電車に乗ると、興奮して運転手さんの後ろを陣取ります。


c0034029_121511.jpg

チャリンコ代も取るらしい・・・・012.gif


c0034029_121941100.jpg

うわーーー
なつかしい!!

ジュリアが高校時代通った久留里線は当時この切符でしたよ!


c0034029_1211548.jpg

車内販売から、アナウンスまで全部するお姉さん


c0034029_1211986.jpg

ここも ゲゲゲの鬼太郎 モードです


c0034029_121141.jpg

ドームが見えて

c0034029_121178.jpg


なんだ????
この鳥居?????


c0034029_1211833.jpg


ぎゃ!!!



子供たちがいっぱい!!!




ぴーちくぱーちく・・

わさわさ 雛鳥のようです・・・
先生3名大変です。012.gif


みんな疲れちゃってたのか?
おとなしくお利口さんでした。


c0034029_1212183.jpg

終点で乗り換え


c0034029_1212721.jpg

さぁ 大変!
急げ!

c0034029_12739.jpg

乗り換えだよ!
こっちまでドキドキ!!


c0034029_127159.jpg

ぴーちいくぱーちく
移動中

c0034029_121460.jpg

無事乗り換え完了!

c0034029_127289.jpg

お姉さん、無人駅なので駅のアナウンスまでやります。

一人3役。
そしてまた電車に戻るお姉さん・・・大忙し。


移動に車は便利だけど、ローカル線に乗ることができて満足のジョニ夫でした。
[PR]
by jujonoriko | 2016-06-09 04:10 | Juliaの日記 | Comments(0)