Jonny and Julia’s Home

お米の消費量と生産量と備蓄

私の高校時代の夢は「給食のおばさん」でしたが、なんか違う方向のおばさんになっちゃいました。わははは





給食って世代や地域で全然違ったし、違うんですね。

私の小学生の頃(1970年代生まれ)の給食って、ほとんどお米で、パンや麺は週に1回でした。

当時は町の給食センターでまとめて作って学校に配達。
だから、当時の町内の小中学は全部同じメニュー

10歳近く離れている兄姉の時はパンが多かったようだ。
私の時が、古米や古古米が大量にあって消費に困っていて・・

あの備蓄倉庫にあった米は捨てられたのだろうか・・
不味しい国に譲るのも簡単ではないだろうし・・・

本当のデータかよくわかりませんが、探していたらこんなグラフが・・


c0034029_11163755.gif


今の小中学の給食も色々と難しそうですね。
[PR]
by jujonoriko | 2015-05-30 11:17 | Juliaの日記 | Comments(0)