Jonny and Julia’s Home

柏島ログ 水中写真家としてのデビューの裏には・・・ (RAW現像編)

そうだ・・




島♂を撮りながら・・・



水中写真家デビュー!!!なんて・・・




こんな面白いネタ・・・


遊べたのは・・・




・・・・・・・



・・・・・・・・・・・



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




実は・・・Jonnyさんの支えがあってこそです・・・



行く前は私はJonnyに散々言いました・・・





あのね。

せっかくの柏島、短い期間なんだから、マクロで勝負。

ワイドなんて重たいしかさばるし、持ってかないの!!!!







なのに・・


Jonnyさんは言う。


ボートなんだからいいじゃん。





勝手にしろ!!!って感じのJULIAでしたが・・・







あの時、反対した私。


申し訳ないだす・・・



このワイドで一番楽しんだのは私だ・・・





Jonnyさん ありがとう。





さてさて。

RAW現像勉強中のJULIAです。

c0034029_054770.jpg

単なるCANONお任せJPG
ガンメル写真。
ぼかしを意識してss低くしたりするとこんな感じでいつもがっくり。
ここまで白飛びすると・・・
RAW現像のし甲斐あるってものです・・・
普段なら捨ててしまう1枚です。


c0034029_072082.jpg

仕上がりの良し悪しは別として、ここまで復活できるんだ。
なるほど。




c0034029_09132.jpg

単なるCANONお任せJPG


c0034029_0105994.jpg

こうなるとお好みですが、やはり仕上げが違います。
自己満足の域。





c0034029_0211164.jpg

「魂」と呼ばれるアオサハギのちびの単なるCANONお任せJPG


c0034029_015520.jpg

ふむふむ
トリミングしてあれこれいじった結果。



ちょっと間が空いてRAW現像の感覚を忘れかかってたが・・

やっぱり慣れかな・・・
少しずつ早くなってきました。


確かに死んだと思われる写真が生き返るってのは、このガンメル写真でよくわかる。


1枚1枚にじっくり創り上げていくの時期がきたと思います。
うーん・・
枚数の割に、一眼デビューして、ここまで到達するにはちょっと長い期間だったなあ・・



つづく
[PR]
by jujonoriko | 2012-08-11 11:41 | Juliaの日記 | Comments(0)