Jonny and Julia’s Home

たまには、しんみりと・・・

叔母が亡くなった・・



81歳だから大往生だよね・・


この叔母さんが亡くなって初めて知ったことが多々あり、ドラマ1つ書けそうだ・・
姉も私も小さい頃からつい最近までの出来事の記憶を合わせると・・
あの時のあれは・・そんなストーリーがあったのかと納得・・

今の女性ならその判断行動は、当たり前なのかもしれないけど、当時の女性には強い意志がないとできないことだったと思う。
その後の苦労は、自分と重ね合わせたら、自分の今の悩みなんてちっぽけだと・・
叔母さんの皺はだてに深く刻んでないよ・・と強く生きてきた叔母さんの生き様は、(ちょっとしか想像できないけど)Juliaは誇りに思う。

お葬式の会場の入り口に、叔母さんの昔の写真が数枚と喪主の言葉が記されていた。
その写真を見てびっくり・・

なんと私が約20年前に撮影した写真で、叔母さんと妹である母との2ショットだ。
場所は北海道・・

あの頃の記憶は曖昧だ・・
なぜ叔母さんと母と3人で北海道に旅行したのか?
どうしても動機が思い出せない・・

母に確認した・・

あんた覚えてないの?

叔母さんがあんたにお願いしたんだよ。


お父さん(叔母さんの旦那のこと)は日本全国、飛行機や船で旅行してるけど、あたしは電車で熱海までしか行ったことが無い。
飛行機で遠いところへ行きたい。

叔母さんも母も持病があるので、団体行動のツアーは無理。
障害者手帳があるから乗り物は安い。
暑い所は嫌い。
農家に嫁いだ2人は、農繁期を避けた時期。
ラベンダーが見たい。

なんかそんな理由で北海道にした。

当時努めていた会社の福利厚生で、ホテルが安く泊まれたので、レンタカーをして3泊4日の旅をした。
3人が楽しめて、あまり歩かない場所で、有名な観光ポイントで・・・
運転手も自分だし、無理のない行程で企画した。


母よりももっと持病がひどい叔母さん。
母より年齢も10歳上だ・・

あの時が叔母さんにとって、最初で最後の大きな旅行だったのだ・・

その時からどんどん、身体は弱くなり、自宅と目の前の畑の往復ぐらい。
たまに出かけても病院。全然外に出なくなった・・

Juliaは、母が病院に毎月通っていたので、送迎をしていたのだけど、病院の待ち時間の間に、病院の隣町に住んでいる叔母さんの家に野菜を届けていたのだ。
お返しに叔母さんの野菜や苗などをもらって物々交換。
そのうち、私も嫁に出たし、母も手術をしたので、病院に行く回数は減り、叔母さんの家に行く回数は徐々に減った・・


まさかあの時の一枚の写真が、この日の一枚になるとは・・


6年近く、施設と病院を繰り返し、面倒をみていた従姉妹は、いつ何があるかわからないからと市外には数年出なかったらしい・・
その従姉妹が「最後のお別れです」と、閉じる前に泣き崩れている姿を見て、自分と重ねてしまった・・


私もあと何年両親と過ごせるのか・・
いつまでもこの時間が続くなんて思ってちゃいけないなって・・
もう少し刹那的に考えないと後悔するって思った・・



ちょっと湿っぽい話になっちゃったけど、病気や事故で亡くなったわけではないので、最後はやはり明るい。

親戚一同集まり、子供の頃の様子しか知らなかったけど、すっかり大学生・社会人に立派に成長していて。

時の流れを感じるのでした。


叔母さん、

自分の人生の半分は痛みに耐えてたもんね・・
もう体は痛くないからね。

たくさん働きすぎたから、天国ではゆっくりゆっくり休んでね!


おしまい
[PR]
by jujonoriko | 2011-08-24 22:14 | Juliaの日記 | Comments(10)
Commented by きんすけ at 2011-08-24 23:54 x
お悔やみ申し上げます。
俺の方も最近お世話になった叔父や叔母の不幸が多くて...。
今年も大瀬合宿中にも訃報が飛び込んだよ。
そんな年なんだねぇ。
Commented by 赤坂♀ at 2011-08-25 02:00 x
親や自分の年齢考えると他人事じゃないわ・・・
先日ご機嫌伺いに行った時「あと何回会えるかしらねぇ~」と母。
切なくなる一言でした。
Commented by とたみん at 2011-08-25 05:57 x
謹んでお悔やみ申し上げます。

大往生でも亡くなると寂しいものです。
人生の最期を飾る写真に選んでもらったのは
とっても感慨深いですねぇ・・・

孝行したい時に親は無し、とはよく言ったものです。
少しでも何か出来る事を思う今日この頃w
Commented by なお吉 at 2011-08-25 10:08 x
謹んでお悔やみ申し上げます。

親と同居している、パラサイトの私
親にとって いくつになっても子供は子供
世話したがるのはわかるのだが、たまに面倒くさく思う時もある・・・

いつまでも あると思うな〝親〟と〝金〟
できるあいだは させてあげるのも親孝行なのかもしれないですね
Commented by せいちゃん at 2011-08-25 12:10 x
あぅあぅあぅあぅ
しんみりしてるところ酔っ払って電話してごめんなさいごめんなさい
Commented by のりたん at 2011-08-25 12:50 x
謹んでお悔やみ申し上げます。
ほんと、あと何年こんな生活ができるのかって思う。
いまだに実家の両親には甘えっぱなしだからね。。。
両親が動けるうちに色々なところに旅行に行こうと決め、ここ数年連れ出しています。
あそこも連れて行きたいし、ここも連れて行きたいし、だけど時間とお金が足りませぬ。。。
最近ダイビングを少し我慢して貯金してるけど、、、なかなかね。。
秋には綺麗な紅葉を見せてあげたいなぁー。
Commented by Julia at 2011-08-25 22:40 x
れすれす

★きんちゃんへ

うん・・
そう。
そんな年なんですよぉ・・
お祝い事より仏の方が断然数が多い・・・
長生きの日本だけど、やはり誰でも死は訪れますからね。

★赤坂♀さま

何か理由を見つけて、毎月会いに行かれてみてもいいかもしれませんよ~
この際、近くに住んじゃうとか!
お母さん少し寂しいのですよ~

★とたみんさんへ

うん・・
何か親に対してしてあげることなど変わりはないのだけど、むかつくことを言われても笑って過ごせるようになりました。
喪服や鞄をあちこち忘れて、「ばかやろう」と言われても今では怒るどころか、泣き笑いです・・・

★なお吉さん

一緒に住んでると気づきづらいものですよ。。
一度旅行などご一緒してみると体力の衰えを感じて・・
あぁ・・昔の両親とは違うなあって実感しますよ・・
是非親孝行をしましょう。
私も半分パラサイトです・・
Commented by Julia at 2011-08-25 22:43 x
れすれす

★せいちゃん

のーぷろぶれむ!
大往生だから!!!!
ちょっと書き留めておきたかったのよ~
いつもと変わらないわよ~

★のりちゃんへ

うん
家出た方がその気持ち強くなるよね・・
最近は、おばさんのことがあって、あまり出かけたがらなかったから、親孝行は、家の掃除かなと渋々しております・・
父にはまた捨てやがってと怒られるから親孝行じゃないのかも・・
Commented by 富居狼男 at 2011-08-26 00:31 x
母親の兄弟では、うちの親が一番先に逝ったからなぁ。
そのあとは、まだ続いてないけど、みんな歳だから、心配だすよん。
俺は、両親になにもしてやれないうちに逝かれちゃったけど、まあ、時間のあるうちに、いろいろやってあげて欲しいね。
自分にも、悔いがないように。
Commented by Julia at 2011-08-26 23:24 x
れすれす

★富さんへ

そうだったのですかあ・・
たぶん富さんのお母さんとうちの両親同じくらいかな・・
あたし年寄の子だから・・笑

ほんと自分に悔いが無いようにですね。
さっそく明日は稲刈り手伝います!